《Humble Choice》ちょっと小粒だけど名作多め。5月は『Warhammer 40,000: ケイオス・ゲート – ディーモンハンターズ』『Spiritfarer: Farewellエディション』が目玉。

Humble Choice

こんにちは。やーみんです。

今回は定期購読型バンドル「Humble Choice」の2023年5月分について紹介します

Humble Choice」に関する詳しい説明と購入・休止・解約の仕方については、下記のページで詳しく説明しているので購入を検討する方はご確認ください。



「Humble Choice」の販売ページはこちらです。

スポンサーリンク

Humble Choice2023年5月のラインナップ

11.99ドル

タイトルSteam
ユーザー
レビュー
Steam価格
(過去最安値)
日本語備考
Warhammer 40,000:
ケイオス・ゲート
– ディーモンハンターズ
やや好評4,750
(2,375円)
Spiritfarer®: Farewell
エディション
圧倒的に好評3,400円
(680円)
Bendy and the Dark
Revival
圧倒的に好評3,090
(1,545円)
Operation: Tango非常に好評2,180円
(1,199円)
Windjammers 2非常に好評2,499円
(1,624円)
Builder Simulatorやや好評2,300円
(1,380円)
Behind the Frame
〜とっておきの景色を〜
圧倒的に好評1,500円
(757円)
The Invisible Hand非常に好評1,500円
(396円)
×
60% off
Warhammer 40,000
— Castellan Champion
Upgrade Pack
クーポン
45% off
Operation Tango
クーポン

先月と比べるとSteamの最安値が安めのゲームが多く、合計金額では少し見劣りしますが、圧倒的好評のゲームが3タイトル、1本を除いて全部日本語対応とゲームの質はかなり良いです。

目玉の「Warhammer 40,000: ケイオス・ゲート – ディーモンハンターズ」はゲーム性の評価は高いですが、パフォーマンス面で問題があって評価が下がっているようです。

スポンサーリンク

注目のゲーム

Warhammer 40,000: ケイオス・ゲート – ディーモンハンターズ

ミニチュアを使って遊ぶ卓上ウォーシミュレーション「Warhammer 40,000」の世界が舞台のターン制ストラテジー。

遮蔽物を利用して敵の攻撃を防ぐのが重要な戦闘、拠点強化の要素があるXcomライクなゲーム。

Warhammer 40,000」の重厚な世界観が足されたXcomといった感じでゲーム自体は面白いという意見が多く好評ですが、かなり高性能なパソコンを使っていてもfpsが急激に下がったり、ロードに時間がかかったりとパフォーマンス面で問題があり、少し評価が下がっているようです。

Steam:Warhammer 40,000: ケイオス・ゲート - ディーモンハンターズ
ハイペースなターン制タクティカルRPGで、人類最強の武器グレイナイトを率いよう。映画のようなストーリー主体のキャンペーンで、自分だけのディーモンハンター部隊の戦術と才能を駆使し、複数の世界にまたがる銀河の疫病を根絶し、浄化しよう。

Spiritfarer: Farewellエディション

魂の旅人(スピリットフェアラー)として迷える魂を船に乗せてもてなし、心残りをなくしてあげてあの世へと導くスローライフシム要素のあるアドベンチャーゲーム。

ゲーム部分は船の上に様々な施設を作り、農作、釣り、調理、アイテムの作成などを行うスローライフシムの要素がメイン。乗客の好む料理を作って上げたり、頼まれたアイテムをクラフトしたりと「乗客をもてなすこと」にシミュレーション部分が全てつながっているのが特徴です。

迷える魂との交流、出会いと別れを中心に描かれる、切なくて優しい物語が素晴らしいゲームです。

Save 80% on Spiritfarer®: Farewell Edition on Steam
Spiritfarer® is a cozy management game about dying. As ferrymaster to the deceased, build a boat to explore the world, care for your spirit friends, and release...
スポンサーリンク

Bendy and the Dark Revival

古いアニメスタジオを舞台にカートゥーン調の見た目のインクの化け物から逃げ回る一人称視点サバイバルホラーゲーム「Bendy and the Ink Machine」の続編。

グラフィックは前作と比べるとかなり向上しており、ゲームシステムも前作を正統進化した感じで前作が好きなら確実に楽しめる作品。

この作品からでも遊ぶことはできますが、前作で未解決だった謎が明かされたりと前作を知っていた方が楽しめる要素がたくさんあるので、出来れば前作から遊ぶのがおすすめです。

Bendy and the Dark Revival on Steam
Bendy and the Dark Revival® is a first-person survival horror game set in the creepiest cartoon studio to ever exist. Discover the truth. Escape the studio. Abo...

Behind the Frame 〜とっておきの景色を〜

画家として夢を追いかけている女性が主人公のポイントクリックアドベンチャー。

アパートの一室を舞台に簡単な謎解きをすることで入手できる絵の具を使ってキャンバスの絵を完成させていくことで少しずつ絵に関わる物語が進行していきます。

ジブリのアニメに影響を受けたというビジュアルが美しいだけでなく360度パノラマでそれを見渡れるようになっており、さらに物語の合間に入るアニメーションが通常のシーンから非常にスムーズに始まるので、本当にアニメの世界に入り込んだかのような臨場感があります。

長くても2時間程度で終わるショート作品ですが、ビジュアル、音楽、ストーリとどれをとっても素晴らしくとても満足感の高い作品。
たくさんの人にプレイして欲しい素敵な作品です。

https://store.steampowered.com/app/1634150/Behind_the_Frame/?l=japanese
スポンサーリンク

販売期間は2023年6月7日午前2時まで

販売期間は2023年6月7日午前2時まで。

既購読者の自動課金は2023年5月30日午前2時です。

「Humble Choice」の販売ページはこちらです



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました