Campy Creatures、オナガ―、ワトソン&ホームズを遊んで来ました。

ボードゲーム
当ブログではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは。やーみんです。

今週も「agret天神店」へ遊びに行ってきました。

これまでに遊びに行ったときの記事はこちらからどうぞ→1回目2回目

スポンサーリンク

今回遊んだゲーム

Campy Creatures

概要

様々な怪物を使い、人間を捕まえるカードゲーム。

各プレイヤーは0~8の数字と特殊能力をもつ怪物カードを持っており、各ターン毎に一枚手札から選び、場に出します。数字(大きい方が強い)と特殊能力(8のカードに勝てる、人間カードを2枚獲得できる、獲得した人間を他の人に渡すなど)を参照し、勝ったプレイヤーから順番に場の人間カード(それぞれ点数を持っています)を取っていきます。人間カードの山札がなくなったらゲーム終了となり、捕まえた人間の点数を合計して、一番点数が高いプレイヤー勝者となります。

感想

思った以上に考えさせられる、駆け引き重視のカードゲームでした。

一番強い8のカードを出せば、必ず望んだカードを取れるというわけでもなく、相手の思考を読みながらカードを出していくのが楽しかったです。

あと、カードの絵がB級ホラー感が満載でたいへん好みでした。

オナガ―

概要

nestorgamesの代表取締役、ネスター・ロメラル・アンドレスさんが作った2人用アブストラクト。

各手番毎にコマをひとつを一回移動させ、手番開始時に相手側の最後列のマスにある自分のコマが、自分側の最後列にある相手のコマより多くなっていたら勝ちとなります。

移動の方法は2種類あります。一つは隣接する空きマスに1マス移動する歩行。もうひとつは、自分のコマ二つが直線上に並んでおり、間に他のコマがない時に使えるジャンプです。

ジャンプで飛び越えるコマは飛び越えられるコマとの距離と同じ距離の反対側の位置に着地します。着地するマスは空きマスか、相手のコマのあるマスでなければいけません。相手のコマのあるマスに着地する場合、そのマスにある相手のコマの上に自分のコマを重ねます。相手のコマの上に着地した際に、他の自分のコマがジャンプできる位置にある場合、連続でジャンプすることが出来ます。

感想

このゲーム、良くできた面白いゲームなんですが、概要見てもらえばわかるとおり、ルールがたいへんわかりづらいです。そのうち、図なども交えてわかりやすくした紹介記事を書きたいです。

「オナガ-」はagret、ゲームストア・バネストヒカリゲームズ堺で販売されています。

スポンサーリンク

ワトソン&ホームズ

概要

全13話構成のシャーロック・ホームズの小説の世界を舞台にした対戦型推理ゲーム。時には相手の捜査を妨害しながら、誰よりも早く真相を解き明かすことを目指します。

ゲームは移動フェーズと調査フェーズに分かれています。

移動フェーズでは、カードで表された場所に移動します。行きたい場所にプレイヤーマーカーを置くのですが、他のプレイヤーと同じ場所に行きたい場合、相手より多くの馬車トークンを払えば行くことが出来ます。また警察が調査中の場所はには移動できません。警察を呼んで他のプレイヤーが移動できないようにしたり、警察の調査を中止させて行くことがが出来るようにしたりもできます。

調査フェーズでは移動した場所の場所カードを読むことが出来ます。読んでメモをし、推理を行います。

情報が十分に集まり、推理ができたと思ったら、解答カードを見て、答え合わせが出来ます。答えが合っていれば勝利となります。間違えてた場合は間違えたプレイヤーがヒントを出す役になり、続行します。

感想

これは名作です。かなり楽しかったです。

推理系のゲームは論理的に解ける部分が少なすぎて、答えが納得できないものも多いんですが、これは違います。見落としをせず、情報をきちんと整理できればちゃんと答えにたどり着けます。

対戦の要素も良く出来ていて、相手が答えにたどり着けないようにどこを塞ぐか、かなり考えさせられました。

相手より早く推理をしなければいけないのも面白さにつながってます。今回は他のプレイヤーが答えにたどり着きそうだと思い、1つだけ不確定な要素がある状態で自分が最初に推理を行い、設問のうち一つだけ間違えてしまいました。あとで確認したら、自分が推理を行う前に次に確認しようと思ってた場所を見れば答えにたどり着けてたことがわかり、ちょっと悔しかったです。

解答失敗してもヒント役としてゲームに残れるのも良かったです。

スポンサーリンク

まとめ

他のゲームも良かったですが、「ワトソン&ホームズ」が最高に良かったです。

13話遊んだら終わりのゲームなので、ボドゲカフェで遊ぶのに向いてるゲームだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました